profile

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

関寛子

(Flutes/Recorders/Ocarina/篠笛/尺八)

東京都出身。

東京都立富士高校管弦楽団への入団がきっかけでそれまでの進路を変更し、音楽の道を志すようになる。17歳から若林健氏に本格的なレッスンを受け、翌年、武蔵野音楽大学に入学。同大学で中山早苗、青木明の両氏に師事。

卒業後ニューヨークにてKeith Underwood氏の教えを受け、Jazz ImprovizationをFrank Wess,Mark Turner,Wayne Escoffery,Jamie Baum,Paul Bollenbackの各氏に学ぶ。またその間にジャズフルート奏者として最初に影響を受けたHeinz Hermann氏をウィーンに訪ね彼のコンセプトを直接学ぶ。

尺八、篠笛を都山流尺八楽会大師範渡辺紅山氏に師事。

ライブパフォーマンス、レコーディング(山崎パンCM、カルピスみらいミュージアム(2019年秋オープン)内放映ムービー etc)、ジャズ番組のラジオパーソナリティー、城西国際大学にてジャズヒストリーについてのゲスト講師、ワークショップ等のイベント主催をこれまでにする。

ヤマハ大人の音楽レッスン講師。

【TOMOKO’S EQUIPMENT】

Burkart B Flute with wooden headjoint
Iwao Alto Flute with wooden headjoint
Kotato Fukushima Bass Flute with wooden headjoint
Piccolo
篠笛(8,6,3本調子)
Ocarinas(Sc,Sf,Ac,Tc,Triple)
Recorders(Sop,Alto,Tenor,Bass)
尺八 竜笛
Bird Call…

【PRIVATE PROFILE】

Place of Birth: Kabukicho2 Shinjuku-ku,Tokyo

Personality: Friendly
Interests: Cooking,Cycling,Kanoeing

Qualifications:中学校・高等学校教職免許(音楽),普通自動車免許

Speciality:Flutes